2021年にいくつかのスタートアップが非常に簡単に資金を調達し、かなりの数の注目企業が上場したのを目撃しました。東南アジアへの投資は記録的に急増し、Cento Venturesと墨腾Momentum Worksの新しい「2021年東南アジアベンチャー投資報告書」 (English version: Southeast Asia Tech Investment report)では、2021年に東南アジアは142億ドルを投資されたことが明らかになったのです。

今の世界は急激に変化しているが、2021年のテック投資シーンはどうだったのでしょうか?

Cento Ventures’との「2021年東南アジアベンチャー投資報告書」では、テック投資の現場で何が起こったのか、今後何が期待できるのか、その洞察をお伝えしています

墨腾Momentum Worksでは、英語版以外、日本語版も発売しております。レポートはこちらからダウンロードできます:https://thelowdown.momentum.asia/country_sector/southeast-asia-tech-investment-2021-japanese/?option=2021-southeast-asia&code=14881

以下、報告書の主な内容をご紹介します。

#1 東南アジアでの取引・投資件数が過去最高を記録

東南アジアのベンチャー投資件数は2021年に急増し、2020年の700件より多く、合計942件となりました。これは、前年比70%の伸びです。

これは主に大型案件の増加によるもので、1億ドル以上の単独案件が投資額の52%を占めています。

TOP 5件の投資比率は、2020年の39%、2019年の51%に対し、2021年は21%となっています。

#2 取引サイズとバリュエーションが急拡大

2021年は、取引のサイズと評価額の両方が急激に上昇した。評価額に関する完全な情報はないが、我々が持っている証拠は、2021年に各階段での評価額が2倍になったことを示しています。プレAディールの評価額の中央値は630万ドル、シリーズAは2100万ドル、シリーズBは6200万ドルです。

#3 インドネシアは引き続き最多の投資を誘致

2021年の投資先の地理的分布は、過去と同様です。インドネシアは投資額の42%、シンガポールと合わせた投資件数の64%を占めています。

シンガポールの資金調達は、Ninjavan、Carro、Nium、Aspire、Property Guru、Carousellのメガラウンドが主な原動力となっています。フィリピンの資金調達は主にMyntのラウンドが大半を占め、ベトナムはTiki、VN Life、Momoのメガディールによりシェアを伸ばした。

#4 金融サービスが投資対象として最大のセクターとなる

2021年、フィンテック業界への投資件数は昨年の3倍となり、今最もホットな業界となりました。

金融、リテール、マルチバーティカルセクターはTOP 3 セクターで、投資額の〜70%を占めています。また、ゲーム分野は前年比20倍以上と驚異的な成長を遂げています。

#5 IPOがエグジットの主な手段になったこと 

2021年の流動性追跡では、IPOが50%以上を占めました。これは、CTOS、Bukalapak、Society Pass が実施したいくつかの大型IPOの産物であり、現在の公開市場のボラティリティにかかわらず、興味深いトレンドの開始を告げるものかもしれません。

2021年のその他のタイプのエグジットは、2020年よりまだ低いものの、下半期に増加しました。弊社は、いくつかの大きな潜在的案件が延期され、2022年にトレード売上がさらに増加することを引き続き想定しています。

墨腾Momentum Worksの江玕(ジャンガン)とCento VenturesのDmitry Levitがデータを抽出し、2021年の地域におけるハイテク投資について、現地からの洞察とともに展望を語ったのです。面白いと思っていただけたなら、こちらでイベントのレコードをご覧でください:https://www.youtube.com/watch?v=Jiqt3Dcd2gY&t=1651s 

Thanks for reading The Low Down (TLD), the blog by the team at Momentum Works. Got a different perspective or have a burning opinion to share? Let us know at hello@mworks.asia.