Saturday, December 10, 2022

[Invitation] Riding tech trends in Southeast Asia – panel discussion

Join the DBS, Momentum Works, TNB Aura talk this 17 June

Softbank’s 2021 Annual Report: Masayoshi and the Chaotic World

Last week, Softbank released their annual report for the fiscal year which ended on March 31, 2022. A record breaking loss of JP¥1.7 trillion...

COVID-19 Booster: Which sectors profited the most in Southeast Asia?

Tech companies’ scorecards for 2021 are in and we saw the drastic changes of Southeast Asian tech companies post-IPO. We also saw how the...

2021年、投資家は本当にIPOから利益をもたらしたのか?

2021年にいくつかのスタートアップが非常に簡単に資金を調達し、かなりの数の注目企業が上場したのを目撃しました。東南アジアへの投資は記録的に急増し、Cento Venturesと墨腾Momentum Worksの新しい「2021年東南アジアベンチャー投資報告書」 (English version: Southeast Asia Tech Investment report)では、2021年に東南アジアは142億ドルを投資されたことが明らかになったのです。 今の世界は急激に変化しているが、2021年のテック投資シーンはどうだったのでしょうか? Cento Ventures’との「2021年東南アジアベンチャー投資報告書」では、テック投資の現場で何が起こったのか、今後何が期待できるのか、その洞察をお伝えしています。 墨腾Momentum Worksでは、英語版以外、日本語版も発売しております。レポートはこちらからダウンロードできます:https://thelowdown.momentum.asia/country_sector/southeast-asia-tech-investment-2021-japanese/?option=2021-southeast-asia&code=14881 以下、報告書の主な内容をご紹介します。 #1 東南アジアでの取引・投資件数が過去最高を記録 東南アジアのベンチャー投資件数は2021年に急増し、2020年の700件より多く、合計942件となりました。これは、前年比70%の伸びです。 これは主に大型案件の増加によるもので、1億ドル以上の単独案件が投資額の52%を占めています。 TOP 5件の投資比率は、2020年の39%、2019年の51%に対し、2021年は21%となっています。 #2 取引サイズとバリュエーションが急拡大 2021年は、取引のサイズと評価額の両方が急激に上昇した。評価額に関する完全な情報はないが、我々が持っている証拠は、2021年に各階段での評価額が2倍になったことを示しています。プレAディールの評価額の中央値は630万ドル、シリーズAは2100万ドル、シリーズBは6200万ドルです。 #3 インドネシアは引き続き最多の投資を誘致 2021年の投資先の地理的分布は、過去と同様です。インドネシアは投資額の42%、シンガポールと合わせた投資件数の64%を占めています。 シンガポールの資金調達は、Ninjavan、Carro、Nium、Aspire、Property Guru、Carousellのメガラウンドが主な原動力となっています。フィリピンの資金調達は主にMyntのラウンドが大半を占め、ベトナムはTiki、VN Life、Momoのメガディールによりシェアを伸ばした。 #4 金融サービスが投資対象として最大のセクターとなる 2021年、フィンテック業界への投資件数は昨年の3倍となり、今最もホットな業界となりました。 金融、リテール、マルチバーティカルセクターはTOP 3 セクターで、投資額の〜70%を占めています。また、ゲーム分野は前年比20倍以上と驚異的な成長を遂げています。 #5 IPOがエグジットの主な手段になったこと  2021年の流動性追跡では、IPOが50%以上を占めました。これは、CTOS、Bukalapak、Society Pass が実施したいくつかの大型IPOの産物であり、現在の公開市場のボラティリティにかかわらず、興味深いトレンドの開始を告げるものかもしれません。 2021年のその他のタイプのエグジットは、2020年よりまだ低いものの、下半期に増加しました。弊社は、いくつかの大きな潜在的案件が延期され、2022年にトレード売上がさらに増加することを引き続き想定しています。 墨腾Momentum...

How have things changed after the IPO wave in Southeast Asia

We took a look at the record market correction in 2021 and how Southeast Asia fared gainst other global emerging markets in 2021  during...
Southeast Asia Vc funding

How did Southeast Asia fare against global emerging markets in 2021?

We discussed the record market correction towards the end of 2021 and how there is no reason to panic as undeployed capital is waiting...
repetition of 2008

Record market correction for Southeast Asia tech valuation – should you...

2021 saw record-high investments in Southeast Asia ($14.2 billion), but come November, it all changed - with a market correction that is continuing to...
tech investment southeast asia

Were IPOs really profitable for investors in 2021?

We witnessed several startups raise funds very easily in 2021 along with quite a few high profile companies going public. There was a record...

Cómo Vision Plus Capital apoyó a la fintech mexicana Stori, que...

Este artículo fue publicado originalmente en chino por Vision Plus Capital, traducido al español por el equipo de Momentum Works. El 11 de noviembre, Stori,...

Seven ways to breed a Unicorn in Southeast Asia

Hidden in plain sight!

Recent Posts